男子大学生がやっている美容のための入浴法

髪や肌を気にする男子大学生が考えた入浴法を紹介します。

シャワーのみの場合と湯船に浸かる場合を紹介したいと思います。

 

シャワー編

f:id:enjoyfullylife:20161107142045j:plain

1.設定温度は38~40℃

→水温は体温と同じくらいが良く、体が温める程度にしたいので。

2.体全体を濡らし体を洗う

→最初に体を洗います。体を洗って体全体が温まってくると毛穴が開いて髪を洗うときにしっかりと汚れを落とすことができます。

3.2~3分間プレシャワーリングをする

→よく言われていることですが、すぐにシャンプーで洗うのではなく、まずシャワーの水だけで洗います。この作業により汚れの大半が落ちて、シャンプーの泡立ちがよくなります。

4.シャンプーをする

→根元をしっかりと洗いましょう。指の腹を使って頭皮マッサージをする感じで洗います。最初に襟足からつけていきます。襟足は髪の量が多いのでシャンプーがたくさんある最初に洗います。逆に、つむじ付近は髪の量が少ないのでシャンプーの量が少ない最後でかまいません。また、つむじ付近に洗い残しのシャンプーが残っていると薄毛の原因にもなります。

シャンプーを流す際は洗い残しがないように根元の方を意識してしっかりと洗い流しましょう。

5.トリートメントをつけてオールバックにし5分間放置

→トリートメントは根元につかないように毛先の中間から先にかけてつけていきます。そして、オールバック状態にして放置します。蒸しタオルでくるむと効果的です。

6.トリートメントを流す前に洗顔をして同時に洗い流す

→トリートメントを流す直前に洗顔をします。顔についているトリートメントを流してから洗顔料を泡立てて洗顔をしていきます。しっかりと泡立てて顔に乗せる感じで泡を置いていきましょう。ゴシゴシと擦って洗うのは絶対ダメです。

顔全体に泡をつけたらすぐに髪と顔を洗い流します。洗顔料を長くつけていると肌に必要なものまで落としてしまいます。

 

湯船編

f:id:enjoyfullylife:20161107142102j:plain

シャワー編と大体同じです。

1.シャワーの温度は38~40℃、湯船は40~42℃

→湯船は体を温めたいので少し高め。だんだんぬるくなってくるので注意。

2.体全体を濡らし体を洗う

3.湯船に浸かる

→ここで湯船に浸かります。しっかりと体を温めて毛穴を開きます。

4.2~3分間プレシャワーリングをする

5.シャンプーをする

6.トリートメントをつけてオールバックにし、湯船に浸かって5分間放置

→5分間ってけっこう長いので体を冷やさないように湯船に浸かります。トリートメントをつけた髪が浸からないように注意。

7.トリートメントを流す前に洗顔をして同時に洗い流す

 

以上、大体同じですがシャワーの場合と湯船の場合についての入浴法でした!

また、美容とは直接関係ないですがトリートメントを放置している暇な時間に蒸しタオルを目に当てておくと血行がよくなり、目の疲れがとれます。目は冷やすと気持ちがいいですが実は逆効果なので気を付けてください。

 

Let's enjoy life!!!