人生を楽しむお手伝い

Enjoy your Life

人生を楽しむお手伝い

英語のリスニング力を伸ばすために絶対やるべきこと

日本の英語教育に沿って普通に勉強すると読み書きはできるけど話す聴くができないなんてことになりがちです。

TOEIC高得点でも英会話が全然できない人もいるそうです。

英語を学習する人の多くは英会話ができるようになりたい、と思っているはずです。

その英会話を成り立たせるためには話す能力と聞く能力が必要になりますが、ぼくは聞く能力が大切だと思っています。読み書きができるなら(発音は置いといて)ゆっくりでも話すことはできます。しかし、聞くのは相手がいて成り立ちます。話すスピードが速いともちろん難しいですし、遅くても発音を本当に知らなければ理解することは困難です。

また、英会話はできなくても洋画を字幕なしで観たい人はリスニング力があればいいですよね。

f:id:enjoyfullylife:20161120163750j:plain

前置きが長くなってしまいましたが、リスニング力を伸ばすためにまず初めにやるべきことは

「発音」

です。

え?そんなこと?

って感じた人もいると思います。

実際ぼくもそうでした。とりあえず、リスニング教材の音源を聞きまくりました。スクリプトを見たり速度を変えたりするなどしっかりと復習してその音源を完璧に理解できるまでやりました。それを繰り返していけばいつか聞き取れるようになると思って頑張ってましたが、、やはり、初めて聞く英語は聞き取れない。。。

スクリプトを見れば「こんな簡単な文章なのに」ってことがほとんどでした。

で、少し実験をしてみました。英語の意味は分からなくていいし音源を何回も聞いていいからスクリプトなしで英単語を聞き取れるのかを。結果は全然でした、分からないところは何回聞いてもダメです。でもスクリプトを見ると「この単語知ってる」ってなりました。そう、知っている単語なのに聞き取れないのです。この原因は発音にあります。

「自分が発音できないものは聞き取ることができない」

まさにこれです。

有名なものとしてはRとLの違いやthの発音ですね。ぼくはこういった日本語にない発音を練習することで聞こえ方が大幅に変わりました。感覚としては音楽を聴くときに安くて性能が低いイヤホンから高くて高性能なイヤホンに変えて今まで聞こえなかった音が聞こえるようになる感じです。

さらに大切なことは英語は前後の単語のつながりで単語の発音が変化することです。

有名なものとしてはcheck it outを「チェケラ」と発音するのが挙げられます。これは単語ごとの発音を知っていてもルールを知らなければわかりません。

他にもいろいろとあるのですが、とりあえずどれだけ英語をシャワーのように浴びてもリスニング力が中々上がらない原因が発音にあることをわかっていただければ嬉しいです。

こういった発音は書籍などで勉強できます。

ちなみに私が使ったのは↓です。3週間くらいでだいぶ感覚が変わりました。

f:id:enjoyfullylife:20161120163809j:plain

どんなことをやるにしても基本は大切です。土台がしっかりしていればそのあとの伸びが変わってくると思います。

あと、発音がきれいだと話すのも楽しくなりますしかっこいいですよね!

地味ですけど頑張りましょう。

 

 

Let's enjoy life!!!