ぼくがブログを書く理由

ブログを始めて大体3ヶ月が過ぎました。といっても、最初の一ヶ月はそこそこ書いてましたがそこから2ヶ月近くはブログを開いてすらなかったです。最近また記事を書いたりいろいろな人のブログを読んだりしていますが、間が空いたにも関わらずこうしてブログを更新している理由について書いていきます。

 

f:id:enjoyfullylife:20170218133402j:plain

情報発信できる

今は個人が自由に情報を発信できる時代です。むしろ、情報を発信しなければ価値がついてこないと思います。武井壮さんが

物事の価値を生むのは人が求める数だ

【武井壮の「大人の育て方」がマジ凄い!】オトナの学校 完全版 - YouTube

 とおっしゃっていましたがその通りですよね。そしてその数を増やすためには自分が発信しなければいけません。その発信ツールとしてブログは最適だと思います。

 

文章を書く力、伝える力がつく

ぼくは文章を書くのが苦手です。普段人と話すときも、語彙力がない上に説明の仕方や言い回しなどがとにかく下手。何を伝えたいのかが途中で分からなくなったりずれたりする時もあります。また、若い人たち全体に言えることですが略語などの若者言葉やSNS用語が日常生活で多く使われ、本来の日本語でコミュニケーションをとっていないと思います。ぼくはこういったものを改善できる機会としてブログを書いています。ブログだとその場の雰囲気や流れがないので、相手に理解してもらうためには適切な文章、構造、比喩などで伝える必要があります。また、デザインにも意識を向ける必要があり、見やすい配置や色使いはどのようなものかを考える勉強にもなります。

 

思考を整理することができる

生きていれば日々いろいろなことを考えると思います。大きなものからちっぽけなものまで。その考えていることを頭の中に入れておくだけの場合と実際に書き出してみる場合とではまとまり方が大きく変わります。頭の中だけで考えていると関係のない情報や関係がなさそうで実は重要な情報などがばらばらに存在し上手く整理されていません。しかし、書き出す行為によってまず視覚で確認することができ、整理されていないと自分も分かりづらいので整理しようとします。そうすると、もやもやしていたものがスッキリしてシンプルなものにまとめることができます。

 

考えて生活するようになる

ブログを書くためにはネタがないと書けません。毎日大きな出来事があればそれがネタとなりますがそういう人は中々いないです。ではどこからネタを拾ってくるのかというと普通の生活の中からです。日々を漠然と過ごしているとあまり感じたり考えたりすることはないですが、何かネタにならないかなぁと思って過ごすとありふれた日常に意外と気になるポイントがあります。考えれば考えるほど些細なところからネタが出てきますので暇さえあれば考えるようになります。

 

人助けになる

多くの人が調べ物をするときにネットから情報を得ています。調べるときは自分が分からない、困っているときですよね。そしてサイトを見て解決したなら、それはそのサイトがその人を助けたということになります。そう考えると自分の悩みは他の人の悩みでもありますので、どのように解決したかをブログに書けば同じ悩みをもつ人たちを助けることができます。

 

以上がぼくがブログを書いている理由です。これからも楽しく更新していこうと思います。

 

Let's enjoy life!!!