人生を楽しむお手伝い

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Enjoy your Life

腐ったみかんのブログ

モテる男になるための最低条件6つ

f:id:enjoyfullylife:20170512161408j:plain

モテる男になるためには何が必要なのでしょうか?

恋愛テクニックはたくさんありますが基本を忘れてはいけません。

どんなにテクニックを持っていても大切な部分が足りていなければモテないでしょう。

今回はモテる男に最低限必要な条件を紹介します。

1 会話上手

女性は一緒に過ごす時間を大切にします。一緒にいて楽しいなと思わせるには会話が上手であることは欠かせません。

会話上手というのはただ話すのが上手いということではありません。相手のことを考えず一方的にしゃべる人は自己主張が激しいと思われ、嫌われる原因となります。

話を聞くより自分が話す方が楽しいというのは相手も同じです。相手が話せるようにしてあげなければいけません。

そのためには聞き上手であること、質問が上手であることが挙げられます。

女性は男性からするとどうでもいいような話をよくします。そういった話を適当に聞き流すのではなく興味を持って聞いてあげましょう。興味を持って話を聞いていれば初めはつまらないと思っていた話題でも気になるところや他の話とつながるところが出てきて会話が盛り上がります。

もし会話が盛り上がらなかったとしてもしっかりと聞く姿勢を相手に見せることで「真面目に話を聞いてくれる人なんだな」と相手に思わせることができます。自分の話を相手がしっかり聞いてくれたら嬉しいですよね。

そして、相手が話すきっかけ作りや会話を続けるためにも質問をしましょう。遠慮がちで何を話したらいいのか迷う女性も多いです。そこで男性側から質問してあげればその話題に乗っかって話すことができます。

また、浅い話をいろいろするよりかは一つの話を深く掘り下げた方が会話は楽しいものです。些細な事でも質問をすれば一つの話を深くすることができます。

2 積極的

積極的な男性はやはりモテます。男らしさを感じられるからです。

女性は男性に引っ張ってもらいたいと思っていて受け身であることが多いので男性側からアプローチすることが大切でしょう。

また、女性に対してだけでなく何か他の物事に対しても積極的な男性はかっこいいです。アクティブな人は魅力的ですよね。

3 余裕

先ほど積極的であることを紹介しましたが焦っていたり慌てていたりする積極性は好ましくありません。

常にどこか余裕がある大人の男性がモテるのです。

例えば不測の事態が起こったときに慌てて対処する人と落ち着いて対処する人では後者の方がいいですよね。

女性は男性を頼りにしていたいものなので積極的でありながらも落ち着いた雰囲気を出しましょう。

4 気配り

優しい人が好まれることは言うまでもないでしょう。そして、相手の女性だけでなく周囲にも気を配れる人になりましょう。

女性は意外と自分以外の人への接し方も気にしています。たとえ自分に優しくても他の人への態度が悪ければ本当の姿はあっちなんだと思って幻滅します。

一方女性は特別感もほしいと思っています。すべての人に平等に接すると寂しく感じてしまいます。他の人には優しく、意中の女性には特別優しくするのがいいでしょう。

5 清潔感

汚い男とは女性も一緒にいたくありません。では嫌だと思われるポイントはどこかというと大きく4つあります。

1 服装

ボロボロの服とかジャージはNGです。おしゃれな服を着こなす必要はありません。

サイズが合っている、季節・場所に合っている、手入れがされているなど、こういった部分が大切です。

2 髪・髭

日本人で長髪や髭が似合う人はあまりいません。むしろ不快感を与えてしまいます。

髪は黒髪短髪で髭は剃るということさえできていれば爽やかな印象を与えることができます。

3 肌

最近は男性用の化粧品も充実しています。男性とはいえ肌があまりにも汚いと女性も触れたくないでしょう。

4 匂い

きつい匂いだったら一緒にいたくありませんよね。香水のつけすぎにも気をつけましょう。ほのかに香るぐらいのナチュラルな感じがベストです。

6 笑顔

一緒にいて楽しいときって自分も相手も楽しいとき。

その楽しいというのが最も伝わるのが笑顔です。お互いが笑顔だと幸せな感じがしますよね。

そして自分が楽しいときは素直に笑顔を見せましょう。

相手が笑顔だと自然と自分も笑顔になるように自分が笑顔になれば相手も笑顔になります。

明るい空間を作るにはまず自分の笑顔を忘れないようにしましょう。

まとめ

いろいろ試しているけどモテないという人は今回紹介した部分を見直してみましょう。

まずは基本をしっかりとできるようにしてからテクニックを使うことが大切です。