音楽聴くときの音源ってCD?ダウンロード?ストリーミング?それぞれの特徴をまとめた

f:id:enjoyfullylife:20170527000146j:plain

www.kusattamikan.com

一昨日この記事を書いていたときに気づいたんだけどそもそもCDから音源を取り込んでいる人って今どのくらいいるんだろう?

現代でCDを買ったりしているのは日本人ぐらいって言われていて世界はダウンロードが主流、そして最近は定額で音楽が聴き放題のストリーミングサービスが流行ってきている。

ということでそれぞれの特徴をまとめてみた。

CD

まずはガラパゴス日本人大好きなCD。ちなみにぼくもCD派。今日もたくさん借りてきたよ↓

f:id:enjoyfullylife:20170526235523j:plain

EDM好きなんだよね~、今まではYouTubeとかで聴いてたけど音源がほしくなったから一気に借りてきた!

CDと言っても買う人とレンタルする人に分かれるよね。

買う人

買う人の考えとしてはコレクション、特典、応援のどれかだと思う。

まずコレクションなんだけどこれは日本人特有の考え。物理的に物を持っていたい、保管しておきたいっていう感覚は海外の人にはあまりないらしい。

特典は初回限定版とかにあるレンタルやダウンロードでは聴けない曲、ライブ映像が収録されているから買わないとしょうがない。

後は純粋に好きなアーティストを応援したいという気持ちで買う人。

デメリットとしてはお金がかかることと置き場所が必要という点。

レンタルする人

音楽を取り込むという点では一番安い。アルバム1枚取り込もうと思ったらCD買うにせよダウンロードせよ2,3千円はかかるけどレンタルなら数百円で手に入る。

その代わり最新曲がすぐに手に入るわけではないし、誰かが借りていたりお店にそもそも置いていないというデメリットもある。

 

いずれにせよCDの最大のメリットは音が良いということ。

CDよりも音がいいハイレゾ音源がちらほら出てきているけど高いし容量がかなり大きいし、そもそも再生機器がまだ浸透していない。

だからハイレゾ音源をなしにすれば一番音がいいのはCDなんだ。

CDのデメリットとしては取り込むときにドライブが必要なのと時間がかかるという点。

ダウンロード

ダウンロードの利点はほしいと思った曲をすぐに入手できるところ。

場所を選ばず電波があればいつでもどこでも買える。新しい曲がほしくなったときに即座にゲットできるのが便利。

そしてもう一つの利点がほしい曲だけを入手できること。

例えばアルバムで10何曲かあるうちの1曲だけ購入することができるのだ。

だから聴きたい曲にだけお金を支払うということで節約することができる。

欠点はCDのメリットがないところ。

ストリーミング

そして新世代音楽試聴方法であるストリーミング。

音楽を聴くだけなら一番安い。月額1000円くらいで膨大な音楽が聴き放題である。

ハイレゾ機器が普及すれば音質も最高のものになる。

ただし、いろいろなアーティスト、音楽、最新曲を聴く人向けである。

特定の音楽しか聴かない人だと毎月1000円払うよりはCDやダウンロードで曲を手に入れた方が最終的に安くなる場合があるのだ。

まとめ

今後はストリーミングが主流となりそうではあるがそうならないかもしれない。

そして日本でCDが売れなくなる時代は来るのだろうか。