愛用Tシャツを長く使うためにやるべき洗濯テクニック

f:id:enjoyfullylife:20170610174621j:plain

こんにちは、腐ったみかんです。

だいぶ暑くなってきて上は半袖Tシャツだけで過ごしています。

夏は重ね着でオシャレをすることができないので着ているTシャツ一枚に全てをかけています。

そこで重要なのがTシャツの質。

ヨレヨレになっているものや色落ちが激しいものはどんなに元のデザインが良かったとしても好印象を与えることができませんし着ている本人も嫌だと思います。

お気に入りのTシャツもいつかはボロボロになって着れなくなりますができるだけ長く使いたいですよね。

今回は愛用のTシャツを長持ちさせるためにやるべき洗濯テクニックを紹介します!

できるなら手洗い

手洗いするのがめんどくさくないよーって人は手洗いが最強

優しく洗ってあげましょう。

洗濯機の場合

実際手洗いの人って中々いないですよね。

洗濯機でいかにTシャツを傷めないようにするのかがこの記事のメインです。

入れ方

まずは裏返しにしましょう。表のまま洗濯するとプリントが落ちやすくなります。

続いて首周りを輪ゴムで縛ります。こうすることで首元が伸びるのを防げます。

そして洗濯ネットに入れましょう。他の洗濯物との絡みや摩擦を減らしてくれます。

洗濯機の設定

標準コースで洗っている人多いんじゃないでしょうか?

実は標準コースってけっこうガッツリ洗ってくれます。

だから汚れがひどくない服の場合余分に洗っている可能性があるんですね。

洗い・すすぎ・脱水の回数を自分で設定できるのでちょうどいい設定をすれば余分に洗わずTシャツを傷めないし時間短縮にもなります。

干し方

裏返しのまま

日差しが当たる場合色落ちしてしまうので裏返して干しましょう。

ハンガーで干す場合

オススメは半分に折ってかける方法。首元が伸びる心配がありません。

不安定なので風で飛ばないように気を付けてください。

きっちり半分にするのではなくずらして干せば乾きやすいです。

普通にハンガーに通して干したい場合は下から通すようにしましょう。

首から入れようとすると伸びてしまいます。

平干し

平干しできるアイテムがあれば平干しがベスト。

その代わり場所をかなりとるので大変です。

まとめ

夏はTシャツしか着ません!

お気に入りのTシャツは毎日着たいし長く使いたいですね。