人は何を選んでも後悔する、というのを知ってから物事の楽しみ方が変わった

f:id:enjoyfullylife:20171007153046j:plain

 

ほとんどの人が自分の選択に後悔をした経験があるのではないでしょうか。

一切後悔したことない!と言える人は稀ですし、そんな人がいたらすごいなぁと思います。

 

ぼくは些細な選択でもよく「あっちの方がよかったかも」と思うことが多いです。

どれだけ熟考してベストな選択をしたつもりでも、後々いろいろと考えてしまいます。

 

しかし、選択をしたときに後悔するのは当然だということを知りました。

選択したら選択されないものがある

ぼくがよく陥る例を紹介します。

 

飲食店に行って料理を選ぶとき。

同じ値段で唐揚げ定食と餃子定食がある。

どちらもボリュームは一緒ぐらい。

唐揚げも餃子も両方好き、どっちが好きかなんて決めれない。

さぁ、どっちにしようか?

悩んだ結果、唐揚げ定食を注文。

でも心の中では「やっぱ餃子にするべきだったかなぁ」。

 

こんな経験したことないですか?

料理を決めたとしても注文したあとで後悔。

これはどっちを選んでも後悔するようになっています。

仮に餃子を注文していても「唐揚げも食べたかったなぁ」と後悔するのです。

 

何かを選ぶことによって、別の選ばれない何かが存在します。

選ばれなかった方は自分の中でどんどん妄想が広がっていくので、選んだものよりも良かったかもしれないというように感じてしまいます。

選択した「今の」世界を楽しむ

後悔するように設定されているならばどうすればいいのでしょうか。

それに対するぼくの答えは後悔すると分かって選択することです。

選択して後悔するのではなくて、先に後悔する未来を見て、それを知った上で選択します。

そうすると、先に後悔しているので選択した後に後悔することなく自分が選んだ今の世界を楽しむことができます。

 

先ほどの例でいうと

「唐揚げを選ぶときっと餃子を選ばなかったことを後悔する」、これを知った上で唐揚げ定食を注文するのです。

不思議と注文したあとに餃子を気にすることなく、唐揚げを楽しんで食べることができます。

 

また、「いずれにせよ後悔する」というのを知っていると選択するときの決断が早くなります。

十分な情報があるにも関わらず決めきれないという人は無駄な想像をしているはずです。

後悔するのが分かっていればその不必要な想像をせずにささっと決断することができるでしょう。

 

選ばなかった世界を想像して今と比較するより、選んだ世界を存分に楽しむ人生の方が充実しませんか?