学祭の模擬店でお金を使おうと思えない

f:id:enjoyfullylife:20171008180424j:plain

 

学祭の模擬店、毎年思ってるけどお金使いたくない!

これについて自分の考えを吐き出しました。

コスパが悪い

とりあえずお金使いたくない理由はこれ、

コスパが悪すぎる!

 

料理系の専門学生が作るならまだしも、一般の学生が作ります。ましてやまともなキッチンもないのでそんなにクオリティが高いものは出てきません。

また、材料も普通のスーパーから仕入れているので利益を考えると値段は高くなってしまいます。

 

正直言うと、自販機やコンビニ、スーパーで買ったほうが美味しいし安いです。

頑張っている、それがどうした

美味しさや安さを求めるところではないだろ!って思う人も多いかと思います。

じゃあ何に対して大切なお金という対価を払っているのでしょうか。

学生が頑張って運営しているから?

なるほど、なるほど。確かに頑張っている人は応援したくなるかもしれません。

友達がいるから?

仲の良い友達がいるとついつい買ってしまうなぁ。(というか買わなきゃいけない気がする)

 

ぼくからすると「それがどうした」って感じです。

ドライな人間なので常に損得を気にします。

美味しいものを食べたいしできるだけ安くしたい思いがあるので、頑張っているからとか友達だからお金を出すということはしません。

厳しさを知ることが大事

そもそも模擬店って経営の難しさを知るための良い機会なんですよね。

いろいろアイデアを出したり、利益を上げるための値段設定だったり呼び込みだったり。

そこで赤字を経験するのがいいんです、経営は難しいなと。

簡単に利益をあげてしまうと世の中の厳しさを体験することができません。

そういった意味で簡単にお金を支払うものではないなと思います。

 

もちろん、ぼくみたいに買わない人だらけになってしまうと買ってもらったときの喜びを味わうことができないので買う人も必要なわけですが。

常に投資として考える

結局、学祭でお金を使うのか使わないかはどうでもいい話で、お金に対してどう考えているのか。

お金を使う行為は常に投資です。

何を得ることができて、それが投資金額に見合ったものなのか。

ぼくにとって模擬店は損をする投資になるから買わないのでしょう。

 

学祭でお金のことを考える良い機会になりました。