情報発信するなら写真は撮りまくっておこう

f:id:enjoyfullylife:20171015175503j:plain

 

 

今日こんなリツイートが回ってきました。

ものすごい納得。

ぼくはこうやってブログで発信しているけど写真の大切さをひしひしと感じています。

どうでも良さげなものもカメラに収める

ぼくは綺麗な景色や美味しそうな食べ物の写真をよく撮ります。

一方で、その景色の周辺やお店の外観だったり内観だったりの写真は全然撮りません。

理由をつけるとするならば

メイン(目的)のものだけを写真に残したい、いろいろ写真を撮るのは面倒

こういったところでしょうか。

 

でもブログを書くことを考えればメイン以外の写真もたくさん撮っておくべきなんですよね。

例えば旅行の記事を書くとします。

もし旅行先の有名な景色や料理の写真だけで記事を書いたら個人ブログでやる意味があまりないと思うんです。

有名なものだったらプロの写真家が撮った写真だったり旅行サイトや雑誌で掲載されているのを見た方がクオリティが高いはず。

せっかく個人のブログで記事にするんだったら、目的までの道中をたっぷり書いた方がいい。

そのためにも視覚的に飛び込んできてイメージがしやすい写真が必要です。

特にぼくのような臨場感あふれる文章を書けない場合はなおさらですね。

 

テキトーに撮った写真がブログ書くときに実は重要なピースだったなんてことがあるので常にカメラを構えておきたいと思います。

最近失敗していた

今回なぜこのような記事を書いたのかというと、

1ヶ月前に韓国旅行に行ったのに全然写真を撮っていなくて記事にできなかったのです、、、

海外旅行なんてブロガーにしてみたら最高のネタですよね。

それをぼくは無駄にしてしまった、バカ。

 

メインの写真は撮っているのでまとめれたら記事にします多分。

 

今後こんな失態をおかさないように気をつけます!