音楽を聴きながら勉強するメリット・デメリット

みなさんは勉強するときに音楽を聴く派ですか?聴かない派ですか?

ぼくはあまり聴かない派ですが、聴くメリットとデメリットについてまとめてみました。

 

f:id:enjoyfullylife:20161113232301j:plain

メリット

・やる気が出る

ぼくが音楽を聴いて勉強するときの一番の理由はこれです。あまりやる気が起きないときにとりあえずとっかかりとして好きな音楽を聴きながら勉強を始めます。

・集中できる

周りが騒がしいところで勉強する場合、話し声や騒音で集中できなくなりますがそういったときにイヤホンやヘッドホンで周りの音を遮断し集中することができます。

また、僕の場合周りが静かすぎると何故か緊張してしまうので音楽を聴いてリラックスするときもあります。

・作業を楽しくする

勉強をするときは基本頭を使っているわけですが、頭を使わないとき、つまり友達のノートをとりあえず写したり与えられたデータを記入したりといった作業的なものをするのは非常につまらないですが音楽を聴きながらやれば楽しくなります。

デメリット

・音楽に集中してしまう

勉強のやる気を出したり集中したりするために音楽を聴いているのに気が付けば音楽に集中して勉強していない、、そんな経験ないですか? ぼくはすぐにこのような状態になるので聴くのは一曲だけとか最初の問題を解くまでとか制限をかけています。2つのこと(勉強と音楽)を同時にできる人ってあまりいないと思います。音楽聴きながら勉強に集中するのは難しいですね。

・音楽がないときに集中できない

音楽がないと集中できないし頭働かない!って人は試験のときに大変です。

試験は基本的に音楽を聴けませんから一番大切な本番に集中できないということになってしまいます。

まとめ

ぼくは音楽を聴きながら勉強はしない方がいいと思います。でも、全否定するわけではありません。やる気を起こすために少しだけ聴くとか行き詰まったときに気分転換に聴くとかは全然ありだと思います!また、ぼくが上で書いていたように静かすぎて緊張してしまうという場合はクラシックやインストルメンタルなど軽く耳に入ってくるような曲を聴きましょう。

勉強のやり方は人それぞれです。自分に一番合った方法を見つけて効率よく勉強しましょう!